IMG_2772

数値結果で判断するんだ医者は。
そりゃあ中には触診やほかの方法で診断する人もいるんだろうけど
まあまずは数値だ。
あとは画像判断とかだけど、ウチの場合はすでに自宅診療になっているから
診断と言ったら「血液検査の数値」

数字のどこを見るのか。
どの項目をメインに物事を進めていくのかは医者の判断にまかされるわけだ。
同じ数値でも医者によって目の付け所は違う。
問題視するところは違う。
循環器の医者と神経内科の医者と総合内科の医者とでは「問題が違う」わけだ。

なんども言うけどウチは訪問診療だから総合内科の医者が来るわけ。

私は母が二年前に入院してからのデータを全部持っている。
なのでそれを見てどの医者がどう言ったかをさかのぼることもできる。
これまでの経緯で「私が」思うのは
もともとのとっかかりは血管が悪事を働いたことから。それが長きにわたり心臓の動きをさまたげ、
心臓弁を使いものが無いほどガチガチにし、動脈までもつまりに詰まらせた。
脳梗塞もしかり。
それプラス
原因不明の難病「進行性核上性麻痺」が同時進行したという。

ここではっきりさせるけど
その「進行性核上性麻痺」というのはともするとすぐ死に繋がるというものではない。
徐々に進行して、身体の自由がきかなくなり呼吸さえも自分でできなくなるという、それは恐ろしい病だけれど
「突然死」するものではない。

なので今現在もっともデリケートは問題は心臓であり、血流であるわけだ。

しかし総合内科の医者は毎回毎回「腎臓数値」が大問題。あとは珍しい病気「核上性麻痺」がどんなに恐ろしいかを私に述べ、進行していると語ること。
なので水分を多く多くとミミタコで言われ続け(腎臓の為に)、私もこれ以上薬も処方してほしくないがゆえに水分摂取を心掛けていたんだけど・・・・・
どうもここのところ、ちょっと動くと「苦しいのよね」と言い出す母。
え!?!?心臓じゃあないでしょうね!?

で、見る。改めて。血液検査の結果を。
心臓の項目もいろいろとあるのだけど、その中の一つが基準を出ているではないか。
今まで基準内、しかも優良数値だったのに突然なぜだよ。
この結果を見ても過の医者は「優秀ですね~」とのたまっていたではないか。

即連絡して数値の疑問をなげかけると「確かにそうですね」
エコーはとらなくていいんですか?(心臓の不良は大抵エコー検査で分かる)とたたみかけ
エコー検査をするという流れに落ち着いたんだけど
「結果しだいですけど、心臓に問題が出た場合は水分制限をしないといけませんね」
ってなんかへんじゃないですか?!

心臓病の人は水分摂取に気を配らなければいけないものなの。
そんなこと当然わかってたんですよね?!先生!
あなたが言った通り、極力水分を取らせていた私に過失があるんじゃないですよね???

エコー結果で「核上性麻痺」で息苦しいという結果なら心臓が悪事を働いているより救いはあるけど
またまた改めて学習した。わかってたはずなのに。。
前回の予防接種の件でも書いたけど
「何もかも自己判断しろ」検査結果の解読も医者任せにしてはイカンのよ!!!!!