IMG_5302

頭を悩ませるのは
介護サービスの使い方。
ショートステイは非常にありがたいし、ショートなくしては私の生活は成り立たないほど。
夜に予約が入っても心置きなく接客できるし、気がかりがないのはとてもありがたい。
母が在宅時は、職場と自宅を行ったり来たりだし、長時間の接客だとやはり気をもむこともある。
ヘルパーさんが来てくれてもそれはものの30分だし、
それ以外の時間にトイレに行こうとすることだってあるからね。

だからショートステイはかかせない。
が、
お泊りではスタッフさんが全てサポートしてくださる。
安全面を考えればそれに越したことがないし、頭が下がる思いだ。
自宅では私がガミガミ無理やりにでも歩かせようとしたり、食事の時も三食食べとなかなかうるさい。
だからなのか、在宅時はそこそこ動けいてる(気がする)
ところがショートステイから帰宅すると、行く前とは別人のように動けなくなって帰ってくることもしばしば。
立つこともできない。自分の体を支えることも、横になって状態を起き上がらせることすらできない・・・できないできない。なんにもできない。。。
これは、寝たきりにさせたくないがゆえにできるだけ普通にさせたいという私には大変なこと。
紙おむつはしていても、できるだけトイレに行かせたいし、食事は食卓でさせたい。
そんな当たり前のことをさせるのに小一時間はかかる。
トイレに行くまでに何回も転ぶことだってある。
大抵はショートから帰宅数日で回復してくるとはいえ
二、三日この状態と言うのは仕事を抱えている身にはつらい。

ショートステイさんも勿論ある程度歩かせたりはしてくれているのだけど
それ以上を望むことは難しい。リハビリ施設ではなく「お泊りをさせてくれるところ」だから。
かといってショートステイなしは考えられない。

という行ったり来たりを日常的にくりかえしている。
私もねえ、若くはないので母の身体を全部まかせられるとキツイんですよ。
手首ひねったりするので仕事に支障が出ると目も当てられない。
まいっちゃうなあ・・・・・・