「身の丈」ということばがあるけれど
どうなんだろ、これは「身の程をわきまえなさい」的なニュアンスとは違うと思う。
私は身の丈で生きたいな。
どういうことかというと「それ以上でもそれ以下でもない」ということ。
世間の尺で見ない、自分自身で生きると言う事なんだと思うよ「身の丈」っていうのは。

自分の身の丈で生きる。
自分の尺で自分自身を計っていくということではないでしょうか?
若いころはなかなか難しい。いや、歳とったって難しい事ではあるんですが
穏やかに自分をみつめてみたほうがいい。
卑屈になるのも投げやりになるのもいけませんよ。
あまりいい気になるのも良いことではないですが(傷つく人がいても分からなかったりするので)
自分自身を傷つけてはもっといけない。
それはクセになってしまうから。
大変なことなどは日々あたりまえのようにあって、大抵の人がそのなかで折り合いをつけて生きているから。

私も不必要にもがいた時期は長かったですが
「大変なんだ」の呪縛にとらわれると何もかもが大変になって
そんな自分が特別なんだという方向に向きがちです。
それは辛いし悲しい事。
呪縛から解き放されたいなあと気づいたんですね。
世間の尺で見すぎるとこうなりがちです。

世間の尺は世間の尺。それもあってしかるべきなんだけど
自分の尺は別に持っていないと。
それを使いこなすとなかなかいいです。
それが「身の丈で生きる」ということなんだと思うなあ。