shizuのタフな日々   ~私と仕事とシングル介護~

フットケア・心身メンテナンス「ハーモニー」主宰・マツサカのカミングアウト人生。 人生投げ出したいこともあったけど今はタフ。これからも淡々とワクワク生きていきたい備忘録。

カテゴリ: 介護について

IMG_0509

さて
介護対象者の様子というのはたぶん安定状態というのはほぼなく
日々変化していくものだと思うんだけど
数週間前初めて「てんかん的な発作」を起こし、なかなか焦りました。

いつものようにほぼ抱えた状態の手引きでゆっくり食卓に着かせ
一瞬の間、ほぼ白目状態で眼振をおこし手足が硬直。
すぐ気付いたのでイスから落ちないよう抱え、即血圧を測ると
なんと「76・46」。二度計っても同様で。
後から思えば多分15~20秒ほど。その後はいたって通常な状態に復帰したのですが・・・

当然訪問医療サポートに電話したり後日訪問診療の医者に見解を伺うも
う~~~ん。。。断定的な回答は得られず。
大きな既往症がいくつもあるので、私としては致命的な「循環器官系」をまず心配するわけです。
ここは強引に「心臓エコーヨロシク!」と押しまくり
久々に病院にての検査諸々。

ウチの場合、訪問の担当医が総合内科なのでやはり専門医の見解を聞きたいという思いも有り。
循環器の医師いわく心臓関係は問題なく、考えられるのはやはり脳。
「進行性核上性麻痺の影響かと」と。
専門医に徹底して調べてもらい後の診断であるからそれなりに説得力も有り飲み込めるというもの。

私が疑い深すぎるのかなんなのか
どうも医者の「たぶんこうだね」というサラッと下す診断は納得いかないわけです。
というわけで「難病による血圧コントロールの低下」ということで
あとは発作が起きないように細心の注意をはらう、という方向に落ち着いたのですが

このところ歩行もそうとう難しくなってきた母。
膝の痛みも訴えて左右の筋肉の質が違うことは私にもわかるほど
確かにこの「進行性核上性麻痺」というのは
「脳幹、小脳の細胞が死んでいくという病で最終的に呼吸も出来なくなり寝たきり」
ということは知っています。
でもだからといって
「歩けなくなるのは脳病の進行の影響なので筋力をつけても無意味」というスタンスはいかがなものか
「筋力付けても仕方がないよ」というのはいかがなものか。
筋力はあってしかるべき。
たとえ歩けなくても寝たきりでも筋肉が細く固ければ痛みも出るし何より辛い。

クオリティオブライフではないのか。
毎日、今日という日を生きている。
今日はこれができた、今日はこんなことが嬉しかったということを少しでも繰り返したいために
その為に介護や看病をしているんですよ、家族は!
来たるべき寝たきり生活の「準備段階としての今日」にはしたくないのだと改めて強く思うのでありました。




IMG_3601

ありがたいありがたいショートステイ
ステイ中は私も心置きなく仕事に取り組めるというものだ。
時間も気にせずのびのびと。

帰宅して当日、翌々日くらいまでは状態もそこそこ安定している母
しかし、なぜだか必ず三日目、起床時から心身ともに不安定に。
身体を使えなくなり歩行もままならなく
トイレに行かせるのもどうにかこうにか。
ほぼ抱きかかえて操作しているという具合

そんな三日目も過ぎた
本日、昼食をとらせるため食卓につかせてすぐに事態はおきた。
私がシンクに体を向け振り返ったとたん
眼球がグッと上を向き振動し目が濁ってふるえる
身体も硬直し今にも椅子から落ちそうなのをいそいで抱え押さえ。
発作だ。なんらかの。こういうことは初めて
直後血圧測定するとなんと76/46
しばらく様子を見てからゆっくりとベッドへ。
その後はほぼ変わりもなく体調不良もうったえないが
病院へ連絡し担当看護師に意見を聞くも不安感はぬぐえず
検索、検索
既往症がたくさんありすぎの年寄りだし、何もかもが影響し合っているのだろう。

こういうとき一人というのは心細いものだ。
毎回思う。
今まで何度あったろうか。脳梗塞、骨折、転倒、心臓発作、急性胆管炎
繰り返し起こる。
どうにか介護体制が安定したと思っても
高齢者の状態はすぐに変化するので気が抜けない。

その時以降
食卓までの移動も不可。
発作や突然の体調不良を目にするとこちらの気持ちもやられるもんです
自分が具合悪くするのと、人の健康状態を管理するのとでは全く違う。

気が抜けないといってもずっと見張っているわけにもいかない
雑事をしながらちょこちょこ
「どお?」と様子を見にいくと
よくないのよ、と「よくなさそうな表情」を作っていう母
頭の動きも不安定になっているので発言も支離滅裂
不安なんです、と敬語。

場所も人間も良くわからなくなるらしく、そういう時の二人暮らしというのは切ないもの。
「しづは私だよ、私がしづ」「あらそうか、しづって娘の」
「だんだんわかってきた。そうかーしづね」
そして
「しづねえ、背中をさすってあげたい」
なんで?
「愛おしいから」
初めて聞きました。そうかあ、根底でそう思っていたのかと。
「だっていろいろと面倒見てくれているんでしょ?」
なぜ疑問符なのかわかりませんがそういう観念もあるのかと
混乱時に知ることも意外とあります。
こういうのは複雑で切ない。
以前
「勉強するの忘れちゃった、勉強しないといけなかったのに。
じゃないとどんどん忘れていっちゃう」
と言った時には「忘れたらまたおしえてあげるから大丈夫」と伝えたものだった。

そして再び、どお?具合は?
と聞くと
「さっきよりは大分いい。しづがいるからね」と
とてもいい表情をしやがった。
いつも虎のように吠えている私でも考えさせられる
自分の振り子のような心。答えが出ない事というのは世の中たくさんある。

どんどん老いて、様々な機能がきかなくなっていく母との日々。

いつかそれが終了した時
私はどう思いそれからの日々をどう過ごしていくのだろう。
介護生活長すぎてわかりません。


アイフォン2016~ 641

今年もどうにか花見をさせた。母に。
やれやれ・・
まあこれは私の為なのだ。私の自己満足のため。
階段しかないウチのマンションからは到底無理なので
ショートステイからUDタクシーを予約し、帰りも「幹線道路のどこそこの信号付近」にお願いします
のかたちでUDタクシーを予約。
介護タクシーよりは気楽に使えますね。
なかなか便利な世の中になりました。

IMG_1258

ところで往診毎に言われるのは「もう本当に奇跡的でしかない!ここまで回復するとは!」
それに合わせてやはり毎回言われるのは「体にタンパク質が十分足りていたからだと思う」ということ。
当然一概には言えない事だけれど、基本「タンパク質」というのは本当に必須栄養素で
特に食事を経口摂取出来ない時は、それまで蓄えていたタンパク質に頼るしかないとのこと。

この冬のインフルエンザは最強で、お亡くなりになった方もたくさんいらっしゃるらしい。
その中でも高齢の母が、インフルによる絶食期間が長かったにもかかわらず
寝たきりにならなかったのは「蓄えていたタンパク質」のおかげだというのだが

たしかにそれもあるだろうけど、
その「経口摂取できない時期」をどう乗り切るかというのはその後に大きく影響するのだろうな、とも思う。
何を与えても口をあけず、それでも何か、と思っても嫌なものはダラダラと吐き出してしまう時期。
ウチの場合は水分なら少しずつ取れたので「メイバランス」という高カロリー総合栄養飲料をだましだまし。(入院時に知り、その後友人にアソートBOXをいただいた物)
これにはしっかりタンパク質も含まれている。
さいわい、いろんなテイストがあるので飽きないように。
まずはこれでカロリー摂取。
冷たいものを欲しがるので、このメイバランスを製氷器で凍らせ与えることでも体力の低下を防げたと思う。
第一の命綱メイバランス。(商品名出して申し訳ないですが・・・)

その後は、よりカロリーの高いもの。
そして脳や細胞の各働きにはやはり咀嚼が必要であろうと。

「おいしいお米の一口大のオニギリ」「ちゃんとした美味しいアイスクリーム」(共に友人から頂きました)
やはり「おいしい」というところが大切で、おいしければ食べてくれた。
そして「自分の手で食べてもらう」時間がかかっても。こぼれても。

無題 無題2

それと一口大の玉子サンド。
この
第二の命綱「手鞠にぎり、アイスクリーム、玉子サンド」で大切な回復期を乗り越えられたと思う。

分かってはいた。
分かっていたが、再度本当に心からつくづく感じるのは
「食べることは生きること。」
何より大切なのは「食べて出すこと。」
同じカロリー、同じ栄養でも
自ら食べて摂取するのと、胃ろう等チューブや点滴で体に直接入れるのとではきっと効果が違う。
食べて五感を刺激し、唾液をだし、食道を通り胃で消化し腸で吸収するということがエネルギーになり細胞を活性化させるのだ。
母と向き合っていると、理屈ではなく実感として様々なあたりまえを感じることが出来る。

我々に大切なのは
その「食べて出すという線上」で、どんな人生を生きるか。ということだけどね。


IMG_3063

結構体力はある方だと思う。(大柄だ、とかそういうことではなく)
そういう意味で疲れるという事はさしてないと思うんだが
気力はこれに伴わないのでやっかいだ。

身体が弱っているときはイコールで気力も弱くなるものだけれど
だからといって体力がある時に気力もあるかというと、そこはイコールではない。

たとえば介護をしていると
どっと一気にエネルギーを取られる。という事がある。
それまで「よっこいしょ」と日々自分を励ましながらキープしていた気力が一気に落ちる時が。
様々な想定をして行っている介護だけれど、時にあるんですよ。想定外が。
そんな時に一気にエネルギーが無くなる。メーターはゼロへ・・・

そのメーターを再び上げることは多少の労力と時間を必要とする。
やっかいなのは自分の人生の何もかものメーターがゼロになること。「介護メーター」ではなく「人生メーター」だということ。
泣きたくなるほど人生が悲しく空しくなる。泣かないけど。
何によって、なくなったモチベーションを上げていくのか。

ダメだ!と思った時に、ダメじゃない!とは思えないものだ。
ダメだ!の力は凄いものなので、反対のベクトル「ダメじゃない!」を入れ込もうとするともっと辛くなり
いい手段ではないので、そういう時はあえてヘラヘラダメ人間になるように心掛ける。
(ダメ人間なんて心掛けてなるものではないですが・・・)

大きなエネルギーを取られてしまう時というのは
結構計画的に物事に取り組んでいるときであったりする。
仕事に関してはそれで正解だけれど、その流れのまま介護に移行するとこういうパンチを食らう。
しまった。介護はある程度いいかげんでないとダメだったんだと改めて気づく。
こうあってほしいと期待しすぎてはいけない。
思い描く流れのようにはいかないのだ。

介護のみならず自分ではない者のお世話をするというのはそういうことなのだ。
こちらの自我はある程度なくしてのぞまないと。


IMG_3183

どんな仕事に携わっている人にだって自負心はあるし
仕事を進めていく上でのクセみたいなものがあると思う。

それは医者だって看護師だって同じこと。
一応昔から「聖職」という括りの内の仕事だから
多くの人が「聖職者」としての幻想を抱くけれど私らと同じ普通の男女。
中にはメディアで取り上げられるような「凄い人」もいらっしゃるが、まあ大抵は「普通の人」
それでいいんです。
世の中を動かしているほとんどが「普通の人」なのですから。

それはわかっていても
医者はこうあるべき、看護師はこうあるべき、警官はこうあるべき、教師はこうあるべき
という思いを抱いてしまうので、それからずれてしまうと「この人は信用できない」なんてことになってしまったりする。
当然人間関係だから、ウマが合わないということもある。
美容師だって「この人あわないな」と思う事あるでしょう?同じことです。
中には仕事が出来ない奴というのも居たりするから、そこを見極めるのも大変だ。

にっちもさっちも行かなくなり診断を仰ぎに行くときは別として
専門職だからと相手に全てをゆだねるのではなく、ある程度の知識は常識的な範疇で頭に入れておくのがベストだと思う。
全てを丸投げするほど怖いことはない。

以前も書いたけれど、同じ数値でも医者によって目の付け所は違うし、問題視するかしないかも違う。
ここで重要なのはその医者の患者に対する「伝え方の癖」を把握すること。
深刻に話すタイプか、楽観的に話すタイプかでこちらの受け取り方も相当に違う。
医者は良かれと思って自分のスタイルを貫いているのだけれど、それに振り回されてはいけないと思う。
患者サイドが冷静にならないとダメだ。

一度や二度会ったところでそれを把握するのは難しいけれど
回を重ねていくうちにその人が見えてくる。
すると・・・その人の自尊心は保ったまま、こちらの要求を提示することが出来るようになる。
上下関係は作らずに、でも尊敬はしておりますし頼りにしていますという姿勢でいい関係を築くことが出来るようになる。
そしてその方が向こうもやりやすい。
仕事依頼をするということだからwinwinの関係でないとお互いストレス溜まります。
全面的に信用しすぎるのも、疑いすぎるのもこちらにとってはプラスにならないですからね。かしこくかしこく。

このページのトップヘ