shizuのタフな日々   ~私と仕事とシングル介護~

フットケア・心身メンテナンス「ハーモニー」主宰・マツサカのカミングアウト人生。 人生投げ出したいこともあったけど今はタフ。これからも淡々とワクワク生きていきたい備忘録。

2016年09月

image
(撮影用に仕込んだものではないのでキレイに撮れてませんが)

というわけで
自分の覚書として記載しようと。

前回も書いたけれど
スパイスを利用して作った自己流カレールー。
ナンチャッテだから30分もかからないで出来るし
保存もきいて味付けもその都度変えられる。
お試しあれ。

たまねぎ 大き目の半分をみじん切り。フードプロセッサの方がいいかもしれないけど 私は洗うのが面倒だからみじん切り。できるだけ手抜き。
しょうが 大き目のひとかけ。すりおろす
にんにく 5片くらい。すりおろす
・香辛料 大さじ3くらい。私はコリアンダーとクミン、普通のカレー粉などをあわせてそのくらい。
オリーブオイル 大さじ2。目分量。
・薄力粉 大さじ3くらい

最初からずっと弱火で炒っていく感じで。
まずオリーブオイルに玉ねぎを。色が変わらなくてもまったくOK.
そこに生姜とニンニクを投入。しばらくしたら香辛料を投入。
そこで5分くらい火を通して
薄力粉をぱらぱら入れながら炒める。私は茶こしを使ってダマにならないようにすこしずつ入れています。
で、またしばらく炒めて・・
出来あがり~!

温度が下がったらビニール袋に入れて平らにならして均等線を包丁の背で軽く入れる。
冷めたら冷凍庫へ。結構もちます。1か月はもつ。
この大きさで2片かな?でたっぷり一人前。


image
(大きさ比較でティーパックを。ご覧の通りとても雑な仕事です)

野菜スープでのばしたりするとより美味しい。
塩味ついていないので調理の時に。ウチはここでも塩麹を使用。
小さじ半分くらい。
なぜならのばすスープのダシが効いているからそれだけでおいし~。
のばすスープを変えるといろんな味が楽しめますよ(^o^)

IMG_2376

というわけであれから母の食事は減塩メニュー
まずはダシ。
いままではダシの素的な物を使用していたけど
ダシパックという奴でダシをとることに。

いや!これが!
ダシって大切なのねえとシミジミするほど旨い。
いや分かってるつもりではいたんだけど、ここのところそういう手間を掛けていなかったもので
改めて感心させられたというか。
いちいち取るのは大変なのである程度まとめて作って冷凍。
今は百均に蓋付きの製氷器もあるのでそれで保存。
ダシがしっかりしていればめんつゆだって楽勝。

あとは塩分なんだけど
目下は以前流行った「塩麹」で。
塩麹大匙一杯で、塩1,5グラムと。(製品によって多少差はあるだろうが)
大匙一杯も使うはずもなく、これも楽勝。
あとは干し海老を使ってみたりとろろ昆布を使ってみたりで意外とバリエーションにはことかかない。

我ながら自己満足にひたれるのは
自家製カレールー。
固形のルーは便利だけど塩分は多めなので作ってみることに。
要するにスパイスカレー風なテイストにはなるけれど
カレー好きな母も納得らしい。
これも板チョコの形状に冷凍して、その度に使用すればOK.
と、結局作り置き物が多くなり、結果的に以前より手間がかからないかもしれない。
もとは医者に言われたから始めたことで釈然としないことも多々あるが
どうやら結果オーライになりそうだ。

そして本日、血液検査の結果が。
この労が功をなしたようで数値にも反映された。
やれやれ・・・・

美味しくない物では食が進まない。やはり味が第一。
そうやって毎日メニューをグルグル考えるわけだけど
もはや私の自己満足のためのひと手間だ。
作ることは嫌いじゃない。手間がストレスにならないよう常備菜をストックしつつやり過ごしていこう。

このページのトップヘ